就活生におすすめな資格

就活前にとっておきたい資格

資格取得による最大のメリットはやはり就職活動で強みにすることができるということです。

ですがどんな資格でも同じように有利になるというわけではなく、やはりその業務に対して訴求力のある資格であることが重要になってきます。

一方でどんな業務につくことになっても普遍的に利用していくことができる、企業という組織で行う仕事全体に関する知識を示すようなものもあります。

就活のために資格を取得するなら、まず自分の進路はどの方面が希望であるかということにあわせ、組み合わせることでより強みを発揮できるものを選ぶようにしていきましょう。

事務やオフィスワークにおすすめの資格

一般企業に新卒として採用される場合には、最初はいずれかの課で先輩のアシスタント的な役割をするデスクワークが中心になってくることでしょう。

そうした事務的業務を行うときに基本になるのが、Microsoft Officeシリーズに代表されるような業務ソフトのスキルです。

ここ最近では一家に一台パソコンがあるのが当然というふうになってはきているものの、家庭ではせいぜいインターネットサイトの閲覧や動画検索くらいにしか使ったことがないという人も大半です。

仕事でパソコンを使用する場合には、WordやExcel、PowerPointやAccessといったソフトが使えることが必須条件になります。

特に総務や経理として仕事をする場合には、直接WordやExcelを使用しなくても同様のワープロソフトや表計算を使った業務をすることになるので、基本的なしくみや使い方くらいはひと通り覚えておくようにしましょう。

また新卒の場合にはビジネスシーンできちんと適切な振る舞いができるかどうかということもまた重要になってきます。

受付や電話応対など取次業務を担当するときには、秘書検定やビジネス実務マナー検定といった公的資格をあらかじめ受けておくと心象がかなりアップします。

専門的な業務を目指す場合の資格

一般事務のような仕事ではなく、より専門的な業務をしていきたいという人には、やはりそれにそった専門資格を取得しておくことがおすすめになります。

例えばSEやプログラマーを目指しているというときには、ITサービスマネージャー試験や情報セキュリティスペシャリストといった情報処理系の資格をいくつか持っていると実際に現場に出た時に即戦力としてみてもらえます。

またデザイン系の仕事を目指すなら、CGエンジニア検定やCGクリエーター検定、DTPエキスパートなどの資格があるとこちらも最初から基礎的な能力はあると高く見てもらえます。

ただこうした専門職の場合、資格取得数が多いこと=実務ができるというふうには単純につながらないこともよくあります。

資格はあくまでも就職をするための一つの手段と割り切り、実際の現場ではそこで役立つ知識や能力を積み重ねていくという気持ちは忘れないようにしましょう。