主婦におすすめな資格

家事と両立しながら資格取得を目指す

結婚と出産を期にそれまで勤務してきた職場を辞め、家庭に入って家事全般を行うようにしている女性も多くいますが、そんな女性にもおすすめの資格があります。

家事も立派な仕事の一つではありますが、それだけではどうしても世界観が狭くなってしまいますし、何より育児が手を離れてから新たに仕事復帰を目指すときには大きなブランクになってしまいます。

そこで家事をしながら自分のペースで資格を取得することで、空き時間を有効に使いつつ、副業としてちょっとした収入につなげていくこともできます。

パートやアルバイトとして短時間勤務をするときにも、ちょっとした資格があることでまた就くことのできる仕事の幅が大きくなるのでおすすめです。

主婦に人気の資格

大手の資格講座サービス企業の調査では、女性からの受講者が特に多い資格として「医療事務」や「調剤薬局事務」「介護事務」といった事務系の資格を挙げています。

そうした資格は比較的取得が簡単であるとともに、職探しをするときに他の事務職よりも有利な条件で求人に応募することができます。

また一般事務に使える資格として「簿記検定」も根強い人気があります。

結婚前から事務職をやっていたという人も、育児休業中にそうした資格を取得してスキルアップをし、よりよい条件で時間を区切って働けるような環境を作っていくのがよい方法と言えます。

趣味と実益を兼ねる資格

また主婦として家庭に入ることで、自分の趣味として行ってきたことをより専門的な業務として活かしていきたいと考える人も多いようです。

調理師や管理栄養士などは日常的に炊事を行うようになることで、日頃自分たちが口にしているものに興味を持つことで資格をとりたいと思えるものです。

他にもアロマテラピーやネイリストといった女性らしい感性が求められる資格も人気です。

最初は趣味として資格を取得したものでも、そこから自宅や小さな施設を借りて小さなお店を始めるといった意欲的な主婦の方もいるので、ぜひ興味のある分野から能力を高めていける資格を取得してみてください。