通信講座は費用が安い

通信講座でかかる費用の目安

通信講座を受けつメリットとして挙げられているのが、費用の安さです。

人気資格で比較をしてみると、行政書士の場合スクールに通うときにかかる一般的な費用はだいたい20万円前後、通信講座なら10万円を少し切るくらいです。

他にも宅建資格でもスクール通学ならだいたい15万円くらいが目安になりますが、通信講座なら10万円未満で安いところなら6万円くらいから受講をすることができます。

半分とまではいきませんがそのくらいは価格が違ってくるので、やはりより安い費用で合格を目指したいという人にとっては通信講座は選択しておきたい方法です。

また通学をする場合には実際にスクールに払う授業料の他に、その場所に行くための通学費が別にかかったり、待ち時間を潰すためにお店に入るときのお金など何かと他にお金がかかってきてしまいます。

通信講座の場合には自宅にいればそこに教材が届けられるので、他に何らかの費用が発生することはありません。

結果的にお得になるということもあります

とはいえ、10万円近くも費用がかかるとなるとそう安い買い物というわけではありません。

通信講座よりもさらに安く費用をあげたいという場合には、自分でテキストや問題集を買い集める独学という方法もあります。

独学の場合、テキストにかかる代金は平均で1冊2,000円~3,000円ぐらいが一般的です。

仮にテキストと問題集、参考書を数冊購入したとしても1~2万円くらいでかなりの量のものを揃えることができます。

ですが独学でテキストなどを買う場合には、違った出版社や著者のものを購入してしまうと説明の仕方が異なっていたりすることもあり、混乱をしてしまうこともあります。

また問題を解くためのテキストの他にもその年の試験対策について何らかの方法で情報を集めていかなくてはいけません。

そうした手間の煩雑さや、情報収集に失敗して何度か浪人してしまうといったリスクを考えると、結果的に総合的に情報や問題傾向を扱ってくれる通信講座の方がずっとお得ということもあります。

安すぎる通信講座には注意

通信講座を受けると決めたときには、おそらくほとんどの人がいくつかの通信講座や教材を比較してその中で自分にあったものを決めていくことでしょう。

ネットで資格名と通信講座について検索をかけると、どの資格でもかなりの業社がヒットしてきます。

その中には他の講座と比較して異常に安いところも見られたりします。

ですが例えば行政書士などの資格の場合、安い通信講座を購入したら受験科目の中のほんの一分野部分だけのテキストだったというようなこともあります。

一概にいえないかもしれませんが、他の講座に比べてあまりにも安い通信講座の場合どこかに何らかの理由があると考えられるため、あまり価格だけで飛びつくのはよくありません。