医療秘書検定対策講座の評判

医療秘書検定対策講座の内容

医療機関で事務的な仕事以外にも秘書としての役割を果たすのが医療秘書です。
医療秘書が活躍するのは病院長や医師、看護師などのサポート役として仕事に従事します。
規模が大きな医療機関になるほど医療秘書のニーズが高く、求人案件も多いです。
医師事務作業補助者として求人案件が存在している場合もあるため、医療秘書検定の有資格者はこれからも安定したニーズがあると考えられます。
本講座では2級医療秘書実務能力認定試験の合格を目指すことができます。

講座のポイント

医療秘書として即戦力で仕事に従事するために役立つスキルの習得を目指します。
最終的な目標としては医療秘書検定に合格することですが、実際に就職した場合にはすぐに現場で活用できるスキルを習得できるのが大きなメリットになります。

医療秘書に求められるスキルとして忘れてはいけないのは、患者さんに対する対応や職場内の同僚と円滑な関係を築くことができるコミュニケーションスキルです。
何よりも大切なのは、患者さんに対して適切な接遇マナーを習得していることです。
他にも基本的な医学に関する知識や関連法規についても知っておくことが大切です。
実務の中では医療秘書に対して様々なスキルが要求されると考えられますが、本講座なら即戦力として働ける能力を身につけることができます。

本講座を受講した方が一年に3回実施されている検定試験に挑戦しています。
検定試験は学科問題と診療報酬明細書を作成する実技試験が行われます。
正答が60%以上で合格になると考えられますが、問題の難易度によっては変わる場合もあります。
合格率については毎回異なり、60%前後の回もあれば80%前後になる場合もあります。
本講座の受講者は80%以上の合格率を誇っており、効率良く資格取得を目指せるメリットがあります。

合格した後にはグループ会社から就職サポートを受けることも可能です。
せっかく苦労して合格しても、就職先がなければ意味がないと感じられますが、安心して就職先を探せます。

参考:http://iryou-shikaku.jp/exam/medical_secretary_g2.php

受講者の評判

当初の目的は就職や転職をする際に有利な資格だと感じたので合格を目指すことにしました。
実際に勤務した時に欠かすことができない専門的なスキルを学ぶことができると聞いていたので、将来の自分に必ず役立つと実感していました。
講師の先生は勉強の内容だけでなく、実際に職場ではどのような状況で仕事に従事しているのかをこっそりと教えてくれるため、自分が医療秘書として働き始めた時にはかなり役立ちました。
今すぐに医療秘書として活躍する予定がないという人でも、これからの時代は間違いなくニーズが増えていくと予想できるため、将来に向けて取得をしておくと良いと思います。